2013年09月19日

「すっごく心細い」がピタリとやむ! ―「生まれつき性格」を大事にできる本 を読む


心の相談室With室長  竹内先生の本、

すっごく心細い」がピタリとやむ! ―「生まれつき性格」を大事にできる本

を読みました。

読破後、個人的に思うところがあり。
さらにもう二冊、購入した次第ですひらめき

巷にあふれる成功本や、精神論を語った本では物足りない。
なんだか納得できない。
どこか食傷気味だ。

という方にはうってつけの内容だと思います。
ある気質を持つ方には、救われる感覚すら芽生えると思います。

著書の中には、

ついつい色んなことが気になってしまう、
ついついビクビクしてしまう、
心の中の不安がいつのまにか膨らんでしまう。
そんな自分が、哀しくて、嫌で、落ち込んでしまう。

という特徴をもつ、
ネガティさんが登場します。

ネガティさんというと、、、、
なんだかイメージが悪そうだ、、良くなさそうだ、、、と、
感じるかもしれません。

しかし、それは違います。

色んなことを気にして、不安を感じて、とっても心細くなるのは、
【感情】がとっても発達しているからであり。

だからこそ様々なことに感じ入ってしまう。
反対に、他者が気づかない美しさや心の機微を敏感に感じとれる。

そんなネガティさんの特徴をもった方には、
重複してしまいますが、救われる感覚すら芽生えると思います。

文中には、ポジティさんも登場します。
(ネガティさんとは対極にあるとイメージするとよいかと思います)
ネガティさんとポジティさんの両面も持ち合わせている、
ハーフさんも登場します。

ネガティさんも、ポジティさんも、ハーフさんも、
そのどれにも良い悪いはありません。
持って生まれた特徴が違うだけです。

ネガティさんには、生きる糧になりえる本であり、
ポジティさんには、ネガティさんを理解することを助ける本であり、
ハーフさんには、理解を深めることを援助する本であり。

臨床家にはとくに必読の本だと思います。

ちなみに、自分は、ややネガティさんよりのハーフさんでした半月
顔面からすると、ポジティさんに間違われやすいのですが(笑)、
ややネガティさんよりのハーフですたらーっ(汗)


posted by ナンバです at 01:25| 東京 ☀| 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

選択理論の本を読む


人間関係をしなやかにする たったひとつのルール
渡辺奈都子 著


という本を読みました目
大変に面白かったです。

2つの島に住む、とある特徴をもつ住人を例えに、
人間がもつ欲求のバランスやコントロールの種類、
自身が繰り返す【選択】の真意を、
非常に分かりやすく書かれていると感じました。

自分では、変えることが出来ないもの。
自分でこそ、変えることが出来るもの。

自分がコントロールできないもの。
唯一、自分がコントロールできるもの。

我慢と忍耐の違い。


などなど、他者との関係性もさることながら、
自分と自分の関係性の妙技がちりばめられていますひらめき

選択理論の先駆者は、ウイリアム・グラッサー博士ですが。
ウイリアム・グラッサー博士の翻訳本よりも、
上記の本がより分かりやすいかもしれませんぴかぴか(新しい)

くり返し読み、性格学と合わせて思考を巡らせても、
新しい気づきが湧いてきそうですパンチ

思考を練り上げ、アウトプットし。
師匠を仰ぐ先生に、近々それをぶつけてみようと思いますパンチ

■2/14(木)の午後は、私用のためお休みを頂きます。
■2/21(木)は、研修のため終日、不在となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します(__)






posted by ナンバです at 23:52| 東京 ☀| 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

本。本!本?


■1月17日(木)は研修のため終日不在となります(__)
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

本、本、本、本。
自宅の本棚、クローゼットの中、カラーボックス、デスクの隅っこ。
あらゆる所に本があります。

本だけは減らすことが出来ないに違いない、と長年にわたり思い込んでいましたが。
年末に思いきって数を減らしてみましたダッシュ(走り出すさま)

しかし、せっかくスペースが出来た本棚も、
最近購入した本であふれだしている始末爆弾
うううう、本だけは購入を我慢することが難しいですもうやだ〜(悲しい顔)

今、読み進めているのは【さあ、じぶんの才能に目覚めよう】という一冊。

自分の強みを知ることができる、
ストレングスファインダーサイトにアクセスできるIDが付いています。
中古で安く購入したいところですが、
新品でないと自身のIDが確保できませんたらーっ(汗)
購入される場合は充分に注意してください(__)

実際にサイトにアクセスし、質問に答え。
自身の強みらしきものを導きだしました。
ですが、私自身にピン!と何かがはしるのには、時間がかかりそうですあせあせ(飛び散る汗)

そして、年末年始に読破したのは、
【普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法】
という一冊です。

いいえ、、私が大学受験をする訳ではありません(笑)
帯に書かれている《記憶よりも記録》という言葉に惹かれたのです。

記憶は難しい。けれど、記録ならば出来るかもしれない。
そうだとしたら、ちょと救われるなあ。。。
そんな思いで読み進めました。

独自の受験テクニック、具体的なノウハウ、受験に向けての心の持ち方等、
著者のいきた知恵が盛り込まれていると思います。
《記録》が物語っている真意も分かりました。

しかし、私がもっとも面白いと感じたのは、
著者自身の生き方・人生が濃密に綴られているところでした。

勉強法としても優れているのだと思います。
と同時に生き方を伺い知り、自身をふりかえる一冊として目を通してみることも、
一考かもしれませんひらめき

少しずつではありますが、
これまでに読んだ本(特にカウンセリングの本)を、
この場でご紹介していければと思っています。









posted by ナンバです at 00:20| 東京 ☀| 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする