2017年12月18日

漢方ダイエット講座に参加する。


昨日は、漢方ダイエット講座に参加してきました。

漢方と耳にすると、なんとなく漢方薬を思い浮かべてしまいますが。
漢方薬のみならず、鍼灸や按摩、気功や薬膳を通じて、養生をする。

それらを活用して、生命力を養うということが漢方である。
という旨を先生は話されていました。


※今日のブログは自分にとっての簡易的まとめでもあるので、
 ちょっと読みにくいかと思います💦💦


漢方からダイエットを考えるとき、

◆摂る(とる)
どんなものを食べているのか?どのような食べ方をしているか?
どんな時間帯に食べているのか?咀嚼は充分に行われているのか?

◆巡る
自分の体質はどのような傾向があるのか?
代謝はしっかりと成されているのか?

◆出す
自分なりのリズム・ルーティンはあるのか?
朝起きた時、食べた後という、絶交の排泄チャンスを逃していないか?

これらをよくよく観察し、

【摂る➡巡る➡出す】を滞りなく行うことが漢方ダイエットでは重要とのこと。


プラス、自分自身は果たして、

◆気太りタイプなのか?
◆血太りタイプなのか?
◆水太りタイプなのか?

を見極めることが必要です。


・気太りタイプ

ストレス太りとも言います。ストレスによって代謝が悪くなり、
余分な脂肪や老廃物がたまり肥満を招きます。

気太りタイプは集中してダイエットに取り組み、
痩せること自体は簡単にできる反面。

維持し続けることが困難で。
痩身することよりも、維持することに重きを置く必要があります。

気をめぐらすために、気分転換をはかったり、香を空気中に巡らせ、
嗅覚からリラックスをはかることがポイントです。


・血太りタイプ

外食の多い方、生理不順、肩こりを訴える人が多く、血液の汚れ、
血行不良、血量不足が理由で余分な老廃物が排出されず、脂肪と
なっていきます。

血太りタイプは、子宮や卵巣があるお腹・腰まわりに脂肪がつく傾向があり。
また、唇の色や舌の裏側、爪の色がムラサキ色であった場合、
それは血液が滞っている証のようです。

(ムラサキ色を体に見つけたら・・血が汚れている証なのだそう💨💨)

血太りタイプは、血液を巡らせることを念頭におき。
冷えることを避け、半身浴などで乱れた自律神経を整えることが、
痩身への第一歩となります。


・水太りタイプ

日本女性に最も多いタイプで、体内に入れた水分を排出する機能が
潤滑に働かず、余分な水分と老廃物が体内にたまり、
ぷよぷよとした太り方をしていきます。

梅雨の時期に調子を崩したり、低気圧が近づくと頭痛がしたり、
胃腸が弱いのも水太りに多い特徴です。

筋肉量が少ないのもこのタイプの特徴で、激しい運動は不向きです。

冷たい飲み物や果物は、ほどほどに摂取し。
体を温め、余分は水分を排出してくれる食品(小豆・ハト麦)を
飲み物として少しずつ摂取することがよろしいようです。


この3つのタイプのほかに、混合太りタイプもあり。
混合太りタイプは、気・血・水をすべてめぐらす必要があるそうです。


漢方ダイエットでは、自分の体質を知ったうえで、
気・血・水となるとなるものを食品から取り込み、
それを体内で潤滑に巡らせ、しっかりと排出する。

結果、栄養不足に陥ることなく痩身することが、漢方ダイエットです。


また、興味深かったというか、やっぱり!!と納得したのが、

「人は栄養不足でも肥満になる」という先生の言葉です。

栄養が満たされていないと、身体のバランス(漢方では中庸)が崩れ、
肥満になっていきます。

先日、飽食の時代の栄養不足、という記事を書きましたが、
漢方ダイエットにも通じるところがあると実感しました。


漢方、、、面白いです。

女性の方の中では、ピルを服用している方もあるかと思います。
ピルは月経のリズムを整え、PMSを緩和する効果があるとともに、
血圧の上昇がみられる・血液の粘度が増すという副作用もあります。

また、四十路を少し超えると、、、
ピルが服用しにくい、できにくい、勧められないという現状があります。

そのような状況にも、食や栄養、漢方が役立つかもーー、
と思いをめぐらせると俄然、やる気がでてきます。

来年、お目当ての講座にガッツリ参加してこうようと思います👊✨👊


posted by ナンバです at 23:09| 東京 ☀| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

飽食時代の栄養不足。そして、お知らせです。


ここ最近は、栄養医学の本を読み漁っていました。

気質を勉強すると、おのずと脳にいきつきーー。
脳にいきつくと、脳内をよりよく保つ栄養素群にいきつきーー・

栄養にいきつくと、食生活にいきつきーー。
結果、栄養医学・漢方にたどりつきました✨


スーパーマーケット、コンビニ、デリバリー、レストラン。
ファストフード、総菜屋さん。

現代は、その気になれば、すぐに食べ物にありつけます。
しかも、レンジでチンすれば口できるものを手にすることができます。

ひと昔前の食料事情と比較すると、現代は飽食の時代と言えると思います。


食べ物を手に入れることは簡単になった。
が、そこに含まれる栄養価を鑑みるとーーーー、
栄養価自体は非常に少なくなっており。

飽食でありながら、栄養不足に陥っているのが現代である。
ということが書籍を読みあさりわかりました。


腹をみたす・カロリーを満たすことはできても、
肉体と脳を十分に満たす栄養価は実は足りていない💦💦💦
それが、飽食時代の栄養不足です。

特に、ビタミンやミネラル。
亜鉛やカルシウム、葉酸。

そして、女性においては90%の人が隠れ鉄不足と言っても良いようなのです。

この隠れ鉄不足がクセ者でして。
通常の血液検査ではひっかからない・フェリチン・という物質が、
圧倒的に不足しているらしく。

大量に血液を失った産後に、うつを患うことが多いのも、
関連しているように思います。

毎月の生理で血液を失うことも、女性にとっては大打撃で。

憂鬱であったり、頭痛があったり、イライラしたりーーーと、
身体症状や気分障害も上記に由来しているところがあるように思います。


ミネラルやビタミン不足も深刻です。

いや!!私は、野菜、たっぷりとってるから大丈夫、と
感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、現代の野菜の栄養価は、戦前前後のものを比べると、
格段に低くなっているという報告があり。

食事だけでは補えない状況にないつつあると感じています。



ここにきて、なぜ、食生活や栄養を勉強しているかというと・・・。

食生活を整え、十分な栄養(ビタミン・ミネラル・亜鉛・鉄・葉酸・酵素などなど)を
継続的に摂取すると、脳と腸の調子がかんばしくなり。

結果、お薬を服用する頻度が抑えられるのでは?
と考えるにいたったからです。


ナンバは、お薬も肯定しています。
悪!などとは考えていません。

医師が的確な診察をし、適切な薬の量と種類を処方し。
一定期間、それらを服用し。
そして、脳内のバランスを底上げする。

という場面には、必要不可欠だと感じています。

しかし、その後はどうするのだろう?

薬を服用するほどではないかもしれない・・・。
願わくば、薬を最小限に抑えたい・・・。
薬を多用せずに、心身を維持していきたい・・・。

と真剣に考えた時、
長期的に自助努力を続けられるのは、食生活だな。
と思い至ったのですね(^^;)

ここは、子持ち母ちゃん意識も働いているかと思います。


また、特徴的な脳を持つ方々(ADHD/LD/アスペルガー/HSP)は、
一般の方々よりも脳内での栄養素の消費が著しく多く。
かつ、小腸からの栄養吸収が低いという特色があり。

大量に消費し、大量に摂取が必要であるのにも関わらず、
それが叶わない。上手にできない。

結果、肉体と脳の調子が整わない。という状況に陥ってしまう。


そんな状態を少しでも食事という自助努力で改善できるかも。
ビタミンやミネラルをより多く摂取することで、心身が快適に動くかもしれない。
栄養価を高めることで、脳の状態を底上げできるかもしれない。

とちょっとした希望を抱き、書籍を読み漁っている次第です^^;。

カラーズでは、お薬のお話も、食事のお話も、脳のお話も、サプリメントのお話も、
たくさんしていただけます。

必要とあれば、ナンバ、編纂したテキストも準備しております(苦笑)
自分で実験しているサプリメントもご紹介できます。


普段の生活の中で、クライエント様がより快適な時間を増やせるように、
今後は、栄養や食生活面からの力添えをしたいと考えています。

ということて、、、、

・12月17日(日)は研修のため不在となります。
(漢方からみたダイエットという講座を受けてきます)

そして、

・12月31日~1月5日までは、冬季休業とさせて頂きます。
(告知が遅くなりご迷惑をおかけいたしましたm(__)m)

ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します<(__)>


posted by ナンバです at 02:00| 東京 ☀| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする