2017年03月09日

さまざまな【うつ】


本日、さまざまな【うつ】という記事を、
ホームページにアップしました📝

日常生活でも、マスメディアでも、
【うつ】という言葉が浸透しています。

ですが、報道を小耳にはさむたびに、
なんだか、なんでもかんでも、
ひとくくりにされている気がするーー💦

と感じ、記事を作成した次第です。


ホームページ内にも、つづっていますが、
【うつ病】の患者数は、増加はしておりません。

メディアなどで、【うつ病】患者が急増。
などと言われていますが、
正確に言うとそれは誤りです。

【うつ】とひとくちに言っても、
さまざまなものがあります。様相があります。

よろしければ、こちらからご一読ください👀👀


posted by ナンバです at 01:19| 東京 ☀| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

クライエントとして、カウンセリングに行く。


3月2日、クライエントとして、
カウンセリングに行って参りました。


少し前、友人と妹と話をしている際に。

突如、とある記憶がよみがえり。
その記憶とともに得た感覚が、
ふつふつと静かに熱く湧きあがり。

この閃光のような感覚をもっと深めたい!と、
カウンセリング料金を握りしめ、
相談室に向かった次第です^^。


東京でお世話になっている先生のもとに向かい。
同業者ならではのおしゃべりもし。
いざ、今回のテーマを深めていきます。

テーマについては詳細は申し上げられませんが。
(知りたい方は、ルームでナンバに尋ねてやってください✨)

私が、その先生のもとに通うのは、
心置きなく、本音を話し。
毒を吐けるからです(笑)

想いの置き場所になってくれるからです。


毒などと申しますと、語弊があるかもしれませんが。

例えばーーー、

自分の中に横たわっている傷が痛む時。
心が破裂しそうな時。
忘れていた思い出に、飲み込まれそうになる時。
ひっそりと抱えてきたものを、ほんの少し解放したい時。
何かを叫びたい時。

そんなとき、
想いの置き場所になるのが、
ルームだと改めて実感しました。


いつもは、忘れてもらうのが好ましい。

けれど、

自分の中に横たわっている傷が痛む時。
心が破裂しそうな時。
忘れていた思い出に、飲み込まれそうになる時。
ひっそりと抱えてきたものを、ほんの少し解放したい時。
何かを叫びたい時。

そんな時こそ、想いの置き場所になれるルームでありたい。
とつくづく思ったのですね。

ええ、、、

生きていれば、
傷も痛みも抱えていきます。

その傷がシクシクと痛むことも。
痛みが自分を貫くことだってあります。

外には出したくない秘密もございます。
でも、ほんの少し解放した時だってございます。

だって、女ですもの(^^;;)


精神医学の知識も。
お薬の知識も。
性格学の知識も。
新しい技術の習得も。
非常に重要です。

ですが、想いの置き場所になってはじめて、
生きてくる知識であります。

女性の想いの置き場所になれるよう、
まだまだ自分改造をにまい進しなくては。。

今年は、よりよい想いの置き場所になるため、
ホームページの改造も進めていこうと思います。

posted by ナンバです at 18:57| 東京 🌁| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする